割高と格安のレンタカーのそれぞれの特徴

最近レンタカーの価格が格安になってきている傾向にあります。12時間の使用で2,500円から3,000円程が基本料金となっており、大手のレンタカー会社よりも半額程の低価格で借りることができるレンタカーはとても魅力的です。レンタカーを格安で提供している会社だけでなく、大手のレンタカー会社で安く探す方法があるのです。その方法とは、レンタカーを格安で借りるためには時期が重要です。土日祝日や大型連休さらに行楽シーズンは通常よりも価格は高くなります。しかし繁忙期から外すことでさらにレンタカーを格安で借りることができるのです。またインターネット上にはレンタカーの料金が比較できるサイトが多くあり、その中で不定期に格安プランが売り出される時があります。定期的にサイトをチェックしてプランをゲットすれば、レンタカーを格安で借りることができます。

レンタカーを借りる時は格安でも割高になる時があるのです

レンタカーを格安で借りる時には、借りる前に契約内容をしっかりと確認する必要があります。基本料金は格安ですが、カーナビゲーションなどオプションを付けていくとそれなりの金額になります。そのため大手のレンタカー会社で行っているキャンペーンや会員価格で利用をすると、普段割高なレンタカーでも手頃な価格で借りられる時もあるのです。また大手旅行サイトでは予約時にレンタカーを格安で借りられる時もあるため、これらのサイトを活用することもおすすめです。レンタカーを格安で借りることはコストパフォーマンスが良く、対応の良い店舗と出会うことができればとても良い思い出となりますが、反面悪い店舗と出会い、旅の思い出が台無しになる経験をしている人がいるのも確かなので、口コミなどを参考に上手な付き合い方が必要です。

何故レンタカーには格安と割高があるのか

レンタカーが格安で借りられるのには理由があります。それは借りる場所が整備工場やガソリンスタンドとなっており、フランチャイズを活用して副業としてレンタカー営業を行い、コストをおさえているからです。車両も年季の入った中古車を使い、洗車や整備は本業で行うためコストを抑えることができる計算です。さらに基本価格は低価格となっていますが、免責保証やカーナビゲーションといったオプションは別料金となっており、各レンタカー会社によって価格にも幅があります。短距離の使用で、車両にもこだわりがなく道にも詳しい方にはおすすめです。しかしハイクラスの車乗ってみたい方や道に詳しくない方、さらに運転が初心者の方などは割高でも最初からオプション内容が充実したレンタカーを借りることをおすすめします。