格安のレンタカーを利用する際の注意点

大手のレンタカー会社よりも、半額近くも安いとあって注目を集めているのが格安レンタカーです。その安さゆえに、後先考えないで飛びついてしまう人も多いようですが、色んな意味で危険が伴ってくるので注意が必要です。安いのにはきちんとした理由があります。内容を了承した上で、検討することが重要なのです。格安レンタカーの多くは、ガソリンスタンド店などが副業として行っている業務になります。大手の会社と違って店舗によりサービス内容が大きく異なってくる事例も多く挙がっていることから、初心者や普段運転をあまりされない方には不向きなことが言えます。コスト面はとても優秀だと言えますが、安全面を考えると少し劣っている部分が見え隠れするのも現状です。危険と隣合わせだということも知っておくことが大切です。

レンタカーを格安で利用する際の注意点

レンタカーを格安で貸し出しできる理由には、新車ではなく年数が経った中古車を使用していることが挙げられます。基本料金は低価格となっていますが、カーナビといったオプションには別途料金がかかり料金は高く設定されています。カーナビで言えば画面が小さく見えづらい恐れがあるので、スマホに内蔵されているカーナビや地図での活用が適しています。中古車車両を貸し出していることから、10万キロ超えの車両に当たることも少なくありません。ですが、整備はもちろんのこと車内の清掃もきちんと行われているので支障はまずないでしょう。年数が経過した車両に必ず当たるというわけではありませんが、燃費はそれなりに劣っているので長距離での使用ではなく、短距離利用が好ましいです。トラブルとして注意しなくてはいけないのが返却時の傷の有無です。貸し出しを受けた後車の写真を撮るなど、対策を行っておくことで回避できます。

格安でレンタカーを借りる際には細かな計画で時間ロスを防ぐ

レンタカーを借りる時には送迎を依頼することもあるかと思いますが、格安のレンタカーでは大手のレンタカー会社のような人手は少なく、営業所も限られているので迅速というのは難しい部分があります。このような点も考慮すると、時間に余裕を持って行動することが求められます。最も気をつけなくてはいけないのが返却後の送迎です。飛行機の発着時間ギリギリになってしまうことも見据えて、早め早めに動くように計画を立てることが重要です。店舗によっては、最終の給油場所が指定されています。指定となっている給油場所では、他のガソリンスタンドよりも料金が高く設定されている場合があります。指定の給油場所に行く前には、安いガソリンスタンドで補充しておくことも格安レンタカーを利用する上でのコツだと言えます。